賃貸不動産のリフォーム工事をして原状回復|徹底リサーチ


目的を決める

ソファとリビング

古くなった住まいをリフォームして新しさを取り戻したい、あるいは自分好みに改修したいといった気持ちは、自宅所有者のみならず賃貸住宅に居住する人にもあります。
ただ、賃貸の場合気を付ける必要があるのが、契約書との関係です。
一般的な賃貸契約書の場合、必ず原状回復義務に関する条項が盛り込まれています。
つまり部屋を改造したりした場合は、退去時に必ず入居者側が入居前の状態に戻さなければならないのです。
そしてもう1つ重要なのが、事前承諾の必要性です。
入居者が部屋の設備などに変更を加えるときは、必ず前もって家主の承諾を得る必要があります。
これもほとんどの賃貸契約書中に定められています。
無断でリフォームしたりすると、違約金を請求されたりする場合もあります。

しかし、賃貸住宅でも快適な暮らしを実現するために部屋をカスタマイズしたいと考えている人の数は少なくありません。
そこで最近では、部屋の元々の造作をいじらず、しかも原状回復も簡単にできるようなリフォーム工事の方法が実用化されています。
その具体例としては、たとえば貼って剥がせる接着剤や吸着テープなどを利用するというものがあります。
これだと元の壁や床に痕を残すことなく、壁材や床材を変更することができます。
元に戻す時も剥がすだけでいいので簡単です。
また柱に釘を打ちたいような場合は、天井と床の間に突っ張りポールを立て、それを柱に見立てるといった方法があります。
こうした方法はホームセンターなどで材料を買いそろえることである程度は自分でもできますし、またリフォーム業者の中にもこうした賃貸専用工事を得意とする会社があらわれてきています。